クレジットカード 債務整理

サイトマップ

債務整理の中で任意整理の場合、どの債務を整理するのかということは債務者本人が
自分で決められます。
なので、たとえばクレジットカード会社と消費者金融にそれぞれ債務があった場合、
クレジットカードの債務についてはなにもせずに、消費者金融の債務だけ弁護士に
頼んで整理をしてもらうということが出来ます。

このように、債務整理で、すべての債務を整理しないことのメリットとしては、
使えるカードを残せるということです。

クレジットカードの場合、債務整理の対象にしてしまうと、その時点でカードが
解約ということになり、使えなくなってしまいます。
そのカードでいろいろな有料定期サービスの料金を支払っていた場合、支払い方を
すべて変更しなければなりません。

クレジットカードでしか支払えないというものもある場合、サービス自体を解約
するということになってしまいます。
ただ、債務整理後に、クレジットカードをずっと使えるかどうかというのはわかり
ません。
というのは、クレジットカードは必ず更新があるからです。カードによって違って
きますが、いつ更新されるのかということについては、カードの有効年月を
見ればわかります。

更新時、必ずクレジットカード会社の担当者による審査が行われます。
これは、今までのカード利用に問題がなかったか、返済は遅れずにしていたかと
いったことをチェックして、更新するかどうかを判断するものです。

この審査では、信用情報機関のデータもチェックします。債務整理をしていると、
そのことがデータに記録されるので、クレジットカードの利用には問題がなくても、
他者で事故を起こしているという理由で、クレジットカードの更新が見送られる
可能性があるのです。

「クレジットカードの債務を債務整理にあえて含めなかった場合」について

クレジットカードの債務を債務整理にあえて含めなかった場合のケース。